宿泊施設を利用するとき、簡易的な服に着替えることがあります。

玄関マットを動かさない生活の方法

浴衣がはだけない生活の方法を旅館で利用

宿泊施設を利用するとき、簡易的な服に着替えることがあります。自分で部屋着を持っていくこともあるでしょうが、宿泊先に用意されていることもあります。和風の旅館でよく置いてあるのが浴衣です。普段ほとんど切ることがなく、着方もわからないので着ない人もいるでしょう。それだけでなく、かつて着たけども、すぐにはだけてしまうのでそれが嫌で着ない人もいます。

良くあるのは、夜に寝ている間にはだけてしまうことです。朝起きたら帯だけ締めている状態のことがあります。寝ている間は何度も寝返りを打ちます。それによって布がどんどんずれてしまうのでしょう。この時に生活のテクニックを知っていると、簡単にははだけないようにすることができます。宴会などでも、きちんと着こなすことができるので、よく見られるかもしれません。

まずは普通に浴衣を着ます。そして合わせるとき、合わせる部分にタオルを挟みます。普通のハンカチよりも、タオルのように少しけば立っているものが良いでしょう。そしてその上から帯を締めます。はだけるのは、浴衣の合わせる部分がすぐに滑るからです。間にタオルを挟むことで、その部分に摩擦が起こります。帯が取れない限りには、はだけることはありません。寝ているときもはだけにくくなります。


Copyright(c) 2017 玄関マットを動かさない生活の方法 All Rights Reserved.